産後の体調管理と過ごし方

産後は体調管理のための過ごし方に工夫が必要

産後すぐに体調が妊娠前に戻るわけではありません。

産後は体調管理を行い、過ごし方に工夫が必要であることは知っておいた方がいいでしょう。

特に初めての出産の場合、出産後の生活まで気持ちがまわらずに分娩を迎えてしまう方もいます。

産後の体調変化やトラブルに直面した時に慌てない為にも産後しばらくは様々な変化があることを覚えておきましょう。

産後の体調は徐々に回復しますが、病気とまではいかなくても体調がすぐれず、慣れない育児も加わり、苦労する方も多いのです。

例えば産後すぐの代表的な体調変化として、乳腺炎、排尿障害、後陣痛、悪露(おろ)、子宮復古不全、産褥熱等の症状があげられますし、産後のトラブルとして便秘や痔、抜け毛、生理不順、腰痛、うつ等に悩まされる方もいます。

また、妊娠中に増加した体重が産後思うように減らないと悩む方も多いのですが、母乳を出し、育児をする為に体力が必要ですから、産後間も無い時期から急にダイエットすることはオススメできません。

産後の体調回復を確認しながら、骨盤矯正や正しい栄養摂取、適度なストレッチなど、母体の体調管理という観点で過ごしていくことが、結果として自然なダイエットに結び付くのが理想です。

こういった産後の体調やトラブルは決して特別なことではなく、出産後には誰にでも起こりえることです。

産後に起こるかもしれない体調変化やトラブルを産前から知識として知っておき、対応策などを考えておけば安心して産後を過ごすことができます。

決して珍しいことではありませんので、予備知識として産後の体調やトラブルを知り、少しでも快適に過ごせるといいですね。