産褥熱の症状

分娩の際、またはその前後に子宮や産道についた傷から細菌が入り、感染を起こすのが産褥熱といわれています。

日本では、主に分娩後24時間以降、産褥10日以内に2日以上にわたって38℃以上の発熱が出ると産褥熱と診断されます

昔は妊産婦の死亡原因として最も重要な要因でしたが、 最近は感染防止のために、産後すぐに抗生物質を投与することが多く、 または消毒法の発達や化学療法の進歩によって 産褥熱による死亡率はかなり低くなってきています。

産褥熱の軽い症状としては発熱、下腹部痛、子宮の圧痛、悪臭のある悪露、軽度の出血の持続などがみられます。

産褥熱の感染が骨盤内で起こると重症化することもあります。

近年、産褥期の感染症は医療の進歩のため激減し、重い疾患であるとの認識が薄れてきましたが、産褥熱は今なお重症化することが多いのも事実ですので、産褥熱のような症状がある場合は、早期から適切な治療を行う事がとても重要です。