後陣痛とは

産後の身体の症状でまず始めに感じる症状として後陣痛があります。

出産の後に子宮がもとの大きさに戻ろうとするために子宮は収縮を繰り返すのですが、この子宮が回復のために収縮するときの規則的な下腹部の痛みを”後陣痛(こうじんつう)”といいます。

一般的には初産婦より、経産婦の方が後陣痛の痛みを強く感じるケースが多いようです

後陣痛の症状

後陣痛の症状は、陣通時と同じ下腹部が痛みます。

後陣痛は子宮の回復を促すために起こるもので、痛みは人によっても違いますが、生理痛のような痛みから陣痛の時の痛みがよみがえったかのような強い痛みの場合もあります。

特に、分娩当日から翌日はとても強い痛みを感じることがあり、人によっては授乳の時に痛みを感じることもあります。通常、痛みは徐々に治まっていきますが、人によっては3〜4日続くこともあります

子宮収縮は母体の回復に必要な自然な現象ですが、痛みが激しく、我慢できない程であれば、医師や看護士に相談してみましょう。鎮痛剤の処方等、なんらかの対応をしてもらえます。