産後の抜け毛の原因と症状

産後の抜け毛は、「分娩後脱毛症」という症状が大半だと言われています。

分娩後脱毛症とは、産後しばらく抜け毛が多くなり、頭髪が薄くなることもある症状ですが、ひどい脱毛ではありません。

出産前の妊婦は出産に備えて女性ホルモンが分泌されるために出産前の髪の毛はとても状態が良く、抜け毛も少なくなります。

しかし、産後は分泌されていた女性ホルモンが妊娠前の普通の状態に戻ろうとすることで急激なホルモンバランスの変化が起こります

そのため産後のヘアトラブルの症状にはかなりの個人差があるようですが抜け毛(分娩後脱毛症)・パサツキ・白髪・フケ・カユミなどの症状が現れます。

生活習慣などにより、妊娠前から、細毛・薄毛・白髪などある人は、産後に髪のトラブルが加速する傾向にあることもあります。

一般的に産後2〜6ヶ月頃に抜け毛などの症状に悩まされる女性が多いようですが、ホルモンバランスが整ってくると、通常は1年以内には自然に回復することがほとんどです。

産後の抜け毛の予防

産前産後の抜け毛の原因はホルモンの分泌によるものですが、抜け毛の予防対策としてはバランスの取れた食事をするのが一番いいようです。

また、産後の抜け毛対策としては洗髪時に頭皮マッサージで血行をよくしたり、洗髪後はしっかりとドライヤーで乾かすことも効果的だといわれています。

出産からくる体力の低下や昼夜を問わず3時間おきの授乳、赤ちゃんの世話からくるストレスなども、産後の抜け毛に大きく影響しているといわれていますので、出来るだけ睡眠時間をとるようにして、ストレス発散にも心がけましょう。

子育ての精神的ストレスが抜け毛の原因にもなりますので、あまり心配しすぎず、肉体的にも精神的にも健康的な生活を送ることが、産後の抜け毛防止にとって重要なポイントになります。