乳腺炎のとは

うっ滞性乳腺炎は分娩後2〜3日の頃によくみられ、初産は乳管が狭いので乳汁が詰まってしまうことが原因と考えられています

化膿性乳腺炎は分娩後2〜6週のころに、 うっ滞性乳腺炎が改善されないまま授乳を続ける事で乳頭が傷つき、その傷口から化膿菌が入ることが原因で発症する病気です。

化膿性乳腺炎を発症すると、全身に寒けやふるえが出て発熱(38℃以上)し、乳房がかたく赤く腫れて激しく痛みます。

その後炎症は1カ所に固まってきて膿(うみ)の塊をつくり、時には自然に破れて膿が外に出ることもあります。

乳腺炎の治療

うっ滞性乳腺炎の治療としては、乳汁のうっ滞を取り除くために、

乳房を温めて血液の流れをよくし、乳頭と乳輪をよくマッサージして授乳をつづければ、
症状はすぐにとれてきます。

うっ滞性乳腺炎の治療は初期には乳房を冷湿布して、膿の混ざった乳汁は搾乳します。
絶対にマッサージはしてはいけません

抗生物質と鎮痛薬・消炎薬を内服します。
重症になると注射針で刺して膿を吸引したり、局所麻酔をかけて皮膚を切開して膿を出さなければなりません。

自分でできる乳腺炎の対処法

自分でできる乳腺炎対処法として

  • 葛根湯を飲む
  • じゃがいも湿布、里芋湿布などの冷湿布をする
  • 赤ちゃんにお乳をいろいろな方向から飲んでもらう
  • 安静にする
  • 食生活に気をつける(甘い物、揚げ物、乳製品などを控え、和食、煮野菜中心に)

などがあげられます。

乳腺炎はまれに乳がんと間違いやすい病気です。

乳腺炎かな?と気になる場合は自己判断せずに専門医の診察を受けましょう。