悪露(おろ)とは

分娩が終わると膣より月経のような出血がみられます。

これが悪露(おろ)といわれるものです。

悪露は胎盤が剥がれた後の分泌物や血液がまじったおりもので、産後3日目頃までは血性で量も多く、色も赤く、レバーのような塊が出ることもあります。

悪露は徐々に量が少なくなり、色も赤から茶褐色へと変わっていきます。

白色の普通のおりもののようになるのは、個人差もありますが産後3 〜4週間後だといわれています。

1ヶ月が経過しても悪露が続いている場合、子宮回復がうまくいっていないケースもあるようですので、1ヶ月健診の折等にドクターに相談してみましょう

悪露の対処法

産後の悪露は子宮回復の過程ですので、育児も家事もあり難しいかもしれませんが、なるべく体を横にして休息を意識し、体を休めるように工夫しましょう。

悪露の量や、継続期間は一人一人異なります

実際に産後になってみないと分からないというのが実情ですが、悪露専用ショーツは殆どの妊婦さんが用意するもので、実際に使って便利だったという声が多いです。

また専用の消毒綿も使ったという方も多いようです。。

(中には拭くのが痛いのでウォシュレットで対応したという方もいるようですが)

口コミを検索してみると、専用ショーツと消毒綿、夜用特大生理ナプキン等を用意しておくと安心という声が多かったです。

特に、産後は買物に出られませんので、ナプキンは多めに用意しておけば無難です(残っても、生理の時に使えるので無駄になりませんので)