産後のうつの症状と原因

産後のうつの原因は、主に体内のホルモンバランスの急激な変化と慣れない育児への疲労、環境の変化など、さまざまな要因が重なって起こると言われています。

産後のうつは、出産後の女性に起こりやすいうつ病の1種で、『産褥うつ(さんじょくうつ)』や『産後抑鬱症(さんごよくうつしょう)』とも呼ばれています。

『産後のうつ』は一般的には『マタニティブルー』と同じに考えられがちですが、実は全く異なるものです。

マタニティブルーは出産後2〜3日頃よりはじまる事が多いようで、症状も、日常の生活に支障はなく、産後1ヶ月くらいまでにおさまるのが一般的です。

マタニティブルーに対して産後のうつは、出産後約1ヶ月頃から症状が始まる事が多いのですが、数週間でその症状がピークになり、その後も何ヶ月も苦しむ事が多いと言われています

マタニティブルーから移行していることもあり、マタニティブルーの症状がおさまらない場合、「うつ」を疑うことが多いのです。

産後のうつの心の症状としては

  • 疲れやすい
  • やる気が起きない、
  • 急に悲しくなったり涙が出る
  • 赤ちゃんがかわいく思えない
  • 意欲や集中力、記憶力の低下
  • 好んでいた物事に無関心になる

などがあります。

産後のうつの体に現れる症状としては

  • 多少の事でイライラ
  • 眠りが浅い、不眠
  • 頭痛、肩こり
  • 食欲不振
  • 動悸、めまい

などが挙げられます。

産後のうつの予防と対処法

うつ病は日常生活のストレスとの関わりが深いと考えられているのですが、中でも、几帳面でまじめ、頑張り屋、完ぺき主義傾向にある性格の人はストレスが溜まりやすく、うつ病になりやすいといわれています。

育児に張り切りすぎず、頑張りすぎないよう、休める時にはしっかと体を 休ませましょう。

産後のうつについて、もしいくつか思いあたるような症状を感じたら、早目に専門医の受診をお勧めします。

専門の病院に通うことへ抵抗があるようでしたら、出産した産院の助産士さんや看護士さんに相談してみるのもいいでしょう。

産後のうつは早期に適切な治療を受ければ治る病気です。

一般的に早期発見・早期治療が、うつを長引かせないといわれています。

うつは放っておくと慢性化しやすく、再発しやすい特徴があるとされているのでうつかな?と思ったら、なるべく早く適切な治療を受けるようにしましょう