産後の腰痛の原因

産後の腰痛の多くは、妊娠中お腹が大きくなるにつれ、重心が前にかかるため、体のバランスをとろうと背中を後ろに反らすことによる、 反った姿勢と骨盤への負担が原因だといわれています。

妊娠すると赤ちゃんが産道を通りやすくするため、骨盤周辺のじん帯や骨の関節が緩みます。

そのため、緩くなってしまった関節を支えようと、筋肉やじん帯・関節にいつも以上に負担がかかり、腰痛になってしまうのです。

産後はお腹の重さは軽減され、腰痛も楽になり、腰痛が改善されたかのように思われがちですが、 開いた骨盤を育児の忙しさでそのままにしておくと、今度は慢性的な腰痛に悩まされる事になるかもしれません

産後は2〜3週間かけて体が妊娠前の状態に急速に戻る時期ですので、この時期に骨盤も正常な状態に戻しておくことが必要です。

産後の腰痛の予防対策

産後の腰痛の予防対策として、妊娠中から腹帯マタニティーガードルなど使用すると、おなかを持ち上げてくれて骨盤への負担を軽くしてくれるので、腰痛予防にはかなり効果的です。

もともと腰痛持ちの人や腰痛になりやすい人は、妊娠中早目に腹帯など用意をして、いつでも身に着けるられるようにしておくと安心です。

その他の腰痛対策としては、腰周りを冷やさないように、お風呂ではお湯にゆっくり浸かるようにして毎日体を温める事もおすすめです。

また、時間に余裕があれば整体に通って体を整えてもらうのもいいですし、ウォーキングやヨガなども腰痛の予防、対策なります。

産後の腰痛は、骨盤にかかる負担を減らすことが一番の予防になります。

無理をしないよう、 日頃から筋力をつけるよう腰痛体操、腹筋、背筋などで鍛えておく事が大事です。

赤ちゃんのお世話もしながらですので、自分の体の事は後回しになってしまいがちです。

時間的にもなかなか難しいかもしれませんが、腰痛とうまく向き合って早め早めのケアを心がけましょう。